ジャニヲタが婚活した話

楽しかったからなるべく詳しく書きたいです。

婚活代行した話 その10

昨日の夕方にも更新したのでよかったらそっちからどうぞ。

 

今回で突然の最終回です。

婚活サイトで彼女のアカウントを使って
数名とやりとりした結果、LINEのID交換までたどり着いた人が2人いました。

もう、ここまで来たら誤魔化せないから
本人に引き継ぎです。

が、

1人は、彼女から一度は送ったけどその後返事なしで自然消滅。
並行してアプローチした他の女性とうまくいったのでは。という予想。

もう1人は、よくわからん。(笑)
たぶん彼女が連絡取るの面倒で放置して、
相手の男性も催促もせず身を引いてしまったのかなと思う。


とにかく、会う約束どころか、何もやり取りせずに終了しました。

その頃には、私からの連絡にも彼女が渋るようになってきて
もうこれは無理だわ。お手上げだわ。友達としての付け合いまで終わりかねない。と諦めました。


どう返事したらいいのかわからないのなら、
こう言ってきたけど、どう返せばいい?って感じで
私に転送してくれればすぐに返事の例を書くから、
それ見て参考にしてもいいし、丸々そのまま送ってもいいよ。使わなくてもいいよ。
と伝えておいたのですが
それも無し。

お手上げ٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 


会う約束まで決めてから引き継いだほうがよかったかもしれない…。


最後にはっきりしたのは、
本当に本当に、
結婚したくないんだなーー
今の生活を変えるのが嫌なんだなーー
怖いんだなーーー
ということ。


本当に結婚したくて、努力していて、それでもご縁に恵まれなくて結婚できないのなら
かわいそうだな、もし、もっと協力できることがあるのなら、そうしたいな、と思うけど

結婚したくないから、しない。

それなら、それでいいでしょ。もう。

冷たいようだけれど、
結局のところ友達も他人なので
彼女がこれからどういう人生を歩むのかとても興味があります。
結婚してしまった私は、していない人生を送ることができないので
それを少し見せてもらう感じ。
私だってこれからバツがつく可能性はあるけど、それはまた話が違ってくるので。


今のところ、私も彼女もそれなりに楽しくやってますよ!
無い物ねだりで、お互いを羨みながら・・・ね・・・・

この話は、これで終わりです!
婚活代行のご依頼、お待ちしております!



婚活代行した話 その9

 

私が少しだけ自信をつけた(=調子に乗った)きっかけは
擬似でいいからモテ体験をしてみること。
つまりこれまで書いてきたこと全部です。
メールたくさんもらうのも、
アプローチしてもらうのも、
一つ一つが、
あ、意外と私も結婚対象に成り得てるんだ・・・
という気づきがありました。

これまでモテたこと無かったから
世界が変わったような気がした。
調子に乗って、ハメをはずして男狂いになったらだめだけど。
(ヲタサーの姫ってそんな感じのイメージ)

根がジャニヲタなんで、そういう心配はなかったな~~
こちとら時間もお金も余裕ないんじゃ

 

そういえば、婚活してる時期に、ナンパされてびっくりしたことがあったけど、
今思えば、それまで長年閉じてた扉を開けるように努力した結果だったかもしれない。

具体的には、
なるべくニコニコする
歩くとき下を向かない
毎日がデート(良席の現場)の気持ちで身だしなみを整える

そして、可能な限り人見知りバリアーを解除する!

 

少しだけでもやってみると変わると思う。

 

と、彼女の説得を試みたのですが
やっぱりまぁーー、響かない響かない(2回目!笑)

 

色々言いすぎて、意地になってるのかもしれないなぁ。

悪口みたいになっちゃうけど、
仕事のストレスが多いせいか、ネガテイブな発言(無理、ありえない、めんどくさい)が多くて、下向いてつまんなそうに歩くタイプの子なんだよな。
ほんとは優しくて楽しいの知ってるから悔しかった。

続きます。

 

婚活代行した話 その8

 

世の中、いろんな人がいます。

正直言って、なんでアイドルやってるの?ブサイクじゃん
ダンスも下手だし。こんな人にファンが付くわけない。
だからアタシがファンになってあげる!
と思ってても、絶対に、ファンは自分一人じゃないでしょ。
自分より何倍も強火なヲタ飼ってて引いたりするでしょ…

地下アイドルとかだとガチでファン一人とかあるけど。
新手のパトロンじゃないかと思う。


とにかく、
婚活代行依頼中の彼女のように、

自分のことを好きになってくれる人なんて、世の中に存在しないと思っている

そういう人はどうすればいいのか考えました。
というか私自身はどうだったか思い出してみました。


まずは、
あの人が結婚できてるんだから、
自分だってできるだろう。
と思い込む。
もっと悪い言い方にすると、

あんなヤツが結婚できて、私ができない訳がない!!

これです。
こんな性格悪い人がモテるわけないじゃん…
と思うかもしれないけど、
一旦忘れよう!
あくまで自分を鼓舞するための、スローガンのようなものです。


結婚してる友達を見て、
羨ましいけど、あの旦那はナイわ~~
あんなに苦労するなら結婚しなくていいし~~
とか思ったことはありませんか。

わかってると思うけど、
それは負け惜しみです。

結婚だけが幸せじゃない。一人で生きていくのも楽しくて素晴らしい。
本当にその通りだけど、
負け惜しみを言う人は、胸を張って一人で生きていない人のような気がします。

迷って悩んでる途中の段階というか。それも良きかな。ですけどね。

 

 

あとは、やっぱり、私の場合いちばん良かったのは

自信を持つきっかけがあったことかな。

これは今度書きます。

 

 

話を進めます。
彼女の場合は、私がまさにいいサンプルでした。
私が結婚できてるんだよ?!
という自虐で説得。
まぁーー、響かない響かない(笑)
ベンチごと銅像になっているようです。
そういうのあるよね。
隣に座って写真撮れます。みたいなの。

隣に座ってくれる人を探すのが、私の役割かなと思いました。


続きます。