ジャニヲタが婚活した話

楽しかったからなるべく詳しく書きたいです

婚活代行した話 その4

 

男性からのメールはそこそこ届きました。

依頼者である友人宛にサイトを経由したメールが届く設定はそのままで、
代行者の私は直接サイトを覗いてメールチェックしてたかな。確か。

正直、もっとたくさんメールもらえると思っていたので
少なく感じた。

少なかった原因を考えてみたら、
やっぱり年齢かなと思いました。
私の婚活から数年経ってるので
当然、同い年の彼女は数年、歳をとってるんですよ。

そしてこの数年で爆発的に増えた婚活人口。
若い子の参入が増えまくっている。
ピンチ。

でも、年齢は大事だけど
最終的には個人差だと思うので
私の時と同じく、
こっちから足跡たくさん残して気づいてもらう作戦に入りました。

彼女の強みの1つに、めちゃくちゃ若く見えるということがあったので。
余裕で10歳以上は若く見える。
若作りじゃなくて、元から肌が本当に綺麗。しかも何も努力せずに。ずるい。まじで。コンチクショー
やや個性派おしゃれな服装も含めて、見た目の印象は
美大生みたいな感じ。
さすがに大学生は言い過ぎだけど。

とにかく、実年齢では検索対象外な人にも、
この若さならアリじゃね?
と思わせられる!自信がありました。私が勝手に。

続きます

 

婚活代行した話 その3

まずは自分の時と同じように、プロフィールの精査から。
本人からいくつか素材になる写真をもらって、アプリを使っていい感じに加工しました。
トップ画はもちろん一番盛れてるやつね!


目が大きく写るプリクラのやつでした。
別人のようだったけど、誰が見てもプリだとわかるものだから
男性側も理解の上でクリックしてくれると思う。

 

そして自己紹介文の初めに、
プロフィール写真が詐欺レベルでごめんなさい(>_<)
とか書いておけばいいんじゃないでしょうか。

 

クリックすると見られるその他の写真には、ちゃんと、詐欺じゃないやつを載せますよ。
でも、加工して可能な限り好印象を目指します。
モザイク代わりに、ほんわかしたパステルカラーのお花のスタンプとか付けた気がする。
あと、自分の写真以外に好きなものをたくさん載せると、どんな人か分かって良いかなと思う。

 

言い方を変えると、
どんな人だと思われたいか。
ということです。

 

前に自分の婚活のときに書いたけど
私は数打ちゃ当たる方式で、まずはなるべくたくさんの人に見てもらって興味持ってもらって、
最終的に自分が選ぶ側になるほうがいいと考えていたので
友達の分も、第一印象となる写真についてはおたく色は薄めにして
当たり障りなくカフェのパンケーキとか載せました。
普通の女子だよアピール!

 

でも彼女も私と一緒で、趣味についての理解は絶対だったので
おたくであることは隠さない方向で。
詳しく書けないけど、彼女はジャニヲタ休業中で男性ファンも多いジャンルの沼にいたので
結構いけるんじゃね?メール来すぎて困るかも?と思ってました。
そうそう上手くいくものじゃなかった。

 

続きます

 

婚活代行した話 その2

 

類は友を呼ぶということで、おたくとして対象へのスタンスが近くて仲良くしてました。
好きなグループは同じでも担当は違ったし、
結婚相手に求めるものも違う。

おしゃれで若くて細くて背は小さめで可愛くてシュッとしたイケメンがいいらしい。
おしゃれなら雰囲気イケメンでもいいらしい。

ステージ上じゃなくて現実の好みのタイプがこんなに違うとは!

うーむ
この条件だと、おそらくほぼ確実に?お金ないけど?いいのかな?
と聞いてみたら、生活できればいいって。
逆に、お金持ち過ぎたり、頭良すぎる人だと絶対話合わないし見下されるから嫌なんだって。
へぇーー。

それでいて、自分は仕事辞めたくて、パートで小遣い分くらい稼ぎたい。とのこと。
へぇーー。


彼女は、何とかなるさタイプで、今までも実際何とかなってるので
子どもはどうするの?病気になったら?老後は?とか気になったけど
とりあえずスルーすることにした。

とにかく、婚活をスタートしてしまえば
求める条件はどんどん変わって普通だし、
変わらないにしても自分の中で優先順位がはっきりしてくると思うので。

続きます