ジャニヲタが婚活した話

楽しかったからなるべく詳しく書きたいです。

婚活代行した話 その3

まずは自分の時と同じように、プロフィールの精査から。
本人からいくつか素材になる写真をもらって、アプリを使っていい感じに加工しました。
トップ画はもちろん一番盛れてるやつね!


目が大きく写るプリクラのやつでした。
別人のようだったけど、誰が見てもプリだとわかるものだから
男性側も理解の上でクリックしてくれると思う。

 

そして自己紹介文の初めに、
プロフィール写真が詐欺レベルでごめんなさい(>_<)
とか書いておけばいいんじゃないでしょうか。

 

クリックすると見られるその他の写真には、ちゃんと、詐欺じゃないやつを載せますよ。
でも、加工して可能な限り好印象を目指します。
モザイク代わりに、ほんわかしたパステルカラーのお花のスタンプとか付けた気がする。
あと、自分の写真以外に好きなものをたくさん載せると、どんな人か分かって良いかなと思う。

 

言い方を変えると、
どんな人だと思われたいか。
ということです。

 

前に自分の婚活のときに書いたけど
私は数打ちゃ当たる方式で、まずはなるべくたくさんの人に見てもらって興味持ってもらって、
最終的に自分が選ぶ側になるほうがいいと考えていたので
友達の分も、第一印象となる写真についてはおたく色は薄めにして
当たり障りなくカフェのパンケーキとか載せました。
普通の女子だよアピール!

 

でも彼女も私と一緒で、趣味についての理解は絶対だったので
おたくであることは隠さない方向で。
詳しく書けないけど、彼女はジャニヲタ休業中で男性ファンも多いジャンルの沼にいたので
結構いけるんじゃね?メール来すぎて困るかも?と思ってました。
そうそう上手くいくものじゃなかった。

 

続きます